クッキーの箱をモデリングします。 紙のパッケージなのでほんの僅か膨らんでいるよう表現しています。

サイズは、幅:9.4、高さ:15.8、深度:5.8 で制作しています。

トランスフォームツール以外で使用しているツールは下記の2つだけです。

「接続ツール」

「接続」ツールを使うと、エッジを一つ選択するだけでエッジループが挿入できます。 デフォルトではオプションの値が「0.5」となっているので選択エッジの中央にエッジループを追加できます。 セグメントの数はデフォルトで「1」なので中心にセグメントを追加するのに便利ですが、「2」以上に変更すると選択エッジを等分割するエッジループを追加することもできます。

立方体オブジェクトを作成する段階で軸の分割を2にしておくのが近道ですが、分割を追加しながら進めるのがポリゴンモデリングですので、敢えて遠回りしています。

「ベベル」

選択したエッジに沿ってエッジを追加すると同時に面取りをします。 ここではスムーズをかけた時にエッジの丸みを少なくするために使用しています。 オプションで、追加するエッジの本数と元のエッジからの距離(割合)を調節します。 オブジェクトの角以外のエッジを選択すると、それに沿って平行なエッジを追加する用途としても使用できます。