スプーンをモデリングします。 これもポリゴンプレーンを作成して作業を開始します。

ポリゴンプレーンは、横3cm、縦4cm、 どちらも4分割しておきます。

2方向のリファレンス画像(イメージプレーン)TopSideビューで読み込んでいます。 尚、リファレンス画像は図面ではないのであくまでも参考として使用します。

モデリングではスケール感が大切です。 リファレンス画像は、制作するスプーンの大きさに合わせてスケーリングする必要があります。 このスプーンの先端部分の大きさは横(X)3cm、奥行き(Z)4cmなので、グリッドを目安におおよそのサイズにスケーリング、位置合わせしてから使用します。

ここで使用しているトランスフォームツール以外のツールは「押し出し」だけです。

全体の比率とバランスに注意し、できる限り少ないポリゴンで制作します。