「押し出しツール」は、トランスフォーム ツールの次にモデリングで多用するツールです。

元のエッジやフェースを押し出すことで側面が作られ、結果的にコンポーネントを増やすことができます。

押し出すコンポーネントを選択しておく

先にフェースやエッジなどコンポーネントを選択してから、押し出しツールを選んでください。

オブジェクトモードで押し出しツールを選ぶと、全てのフェースを押し出すことになります。

シェルフ の「押し出しツール」ボタン
「モデリングツール キット」の「押し出しツール」ボタン

基本は「ローカル移動 Z」

押し出しツールを選択すると入力パネルが表示されます。

ここで数値を調整する項目は、基本的に「ローカル移動 Z」の値です。

選択したフェースから法線方向(フェースごとにそれぞれの直角方向)に押し出し、側面が追加されます。

値を変えるには項目名を左右にドラッグします。

BackToPageTop

押し出し その他の機能

「オフセット」は元のフェースから直角方向ではなく、フェースに沿って押し出します。 Z方向(法線方向)への押し出しと併用もできます。

その他の使い方は、下記の動画を参照してださい。

押し出した後にオフセットしています。
「フェースの一体性の維持」を OFFにする
ローカル軸とワールド軸の違い

BackToPageTop

押し出しツールでよくあるミス

押し出しツールは、ツールを選択しただけで押し出しが実行されます。

何もせずに選択ツールなどの別なツールに切り替えると、「移動もオフセットも 0 でフェースが作られます。」 この場合、フェースが同位置に重なった「多重ポリゴン」ができてしまい、後の操作が思うようにできなくなります。

直後は、見た目だけでは分からないので注意が必要ですが、オブジェクトを選択し、3キーを押して「スムーズ表示」にすると分かります。

押し出しツールを選択した後でキャンセルする場合は、Zキーを押して選択する直前に戻るようにしてください。

BackToPageTop